比較:接続詞「因为」「由于」

因果関係を表す複文の中で原因・理由を表す接続詞である“因为”“由于”は同義だが,用法は異なるところがあるので紛らわしい。以下にその特徴と用法をまとめる。

接続詞位置呼応口語/書面語
因为前半・後半所以口語書面語を問わない。
由于前半のみ所以因此因而主に書面語に用いる。

口語と書面語

“因为”は口語と書面語のいずれにも用いるのに対し,“由于”は主に書面語に用いられる。

結果・結論を表す接続詞との呼応

複文の後半に結果・結論を表す接続詞を呼応させることが多いが,“因为”が“所以”としか呼応できないのに対し,“由于”は“所以”の他“因此”“因而”とも呼応させることができる。

例文和訳
因为他受伤了,所以不参加比赛了。彼は怪我をしたので,試合に参加しなかった。
由于他读书用功,所以考上了名牌大学。彼は勉学に勤しんだため,有名大学に合格することができた。
由于他主动交代,因此获得了减刑。彼は積極的に自白したため,減刑を勝ち取った。
由于未及时就医,因而失去了生命。医者にかかるのが遅かったため,命を失った。

位置

“因为”は複文の後半にも用いることができるが,“由于”はできない。

例文和訳
他今天不来了,因为他有事儿。彼が今日来ないのは,用事があるからだ。
他今天不来了,由于他有事儿。