輸入中国語学習テキスト

~最強の中国語学習テキストは中国に~

商品形態 書籍
価格 1,480円~
販売元 「中国雑貨アニー」中国語教材
解説(By 管理人)

国内の一般の書店では販売されていませんが、中国の輸入雑貨を扱っているネットショップ経由で購入することができます。

ここに注目!①……「中級・上級テキストが豊富」

中国の外国人留学生向け中国語教材は中級以降の教材も豊富。日本の教材のように「入門>初級>中級>上級」と尻すぼみすることはありません。

ここに注目!②……「充実した内容」

教育産業化政策を受け、「外国人の金は稼ぎやすい」と中国の各大学が競って外国人留学生を受け入れてきたため対外中国語教育の経験が累積、それがテキストの質へと反映されています。

また、かつて北京語言文化大学の独壇場だった留学生向け中国語教材市場も北京大学の猛追を受け、競争が激化しているのもプラスに働いているようです。

ここに注目!③……「中国語で中国語を学ぶ」

中国の中国語テキストは基本的に中国語一色。説明文を読んでいるだけでもリーディング学習になります。中級以降の学習者にはもってこいです。

ここが不満!……「音声はカセット」

ごく最近出版されたテキストはCD付属となっていますが、2000年ぐらいまでに出版されたものはほとんどがカセットです。

カセットから音声データをパソコンなりMP3なりに取り込むことはできますが、カセットが使えるラジカセなんかを持っていない人は不便でしょうね。

総括

中級以降のテキストが乏しい日本の中国語テキストに比べ、中国の外国人留学生向け中国語テキストの充実ぶりは目を見張るものがあります。

日本にいてもでも購入できるわけですから、これを使わないというのは損と言うものでしょう。

中級に到達した学習者には是非おすすめします。

なお、初級を修了した学習者が「初級は修了したから」と中級レベルの教材に目が行ってしまうのは無理もないのですが、慌てて中級教材に手を出すのではなく、まず初級教材を試してみることをおすすめします。

中国製の教材ですから、教材は基本的に中国語一色(初級教材は英語付きのものもあり)なので、文法項目の解説などもすべて中国語です。このため、比較的レベルの高い、新出項目ばかりの中級教材は、中級に到達したばかりの学習者にとっては荷が重く、消化不良を起こしてしまいかねません。

そこで、いきなり中級教材を始めるのではなく、初級教材を改めて学習することで中国製テキスト慣れを図る方法をおすすめします。

中級初期レベルの学習者にとって、初級教材の学習項目の多くは既に学習済みなので、中国語で新しい項目を理解する必要はありません。実質的には文法項目などについて中国語で復習するようなものです。

この方法は低ストレスで中国製の中国語テキストへの慣れを促すことができる他、実質的に復習となるため基礎がいっそう固まり、且つリーディング学習にもなるという利点があります。

多少資金が嵩んでしまいますが、余裕のある方には是非おすすめしたい学習法です。

こんな人にオススメします!
  • ★中国語中級・上級学習者。
  • ★テキストを使った学習が苦にならない人。
詳しくは……

「中国雑貨アニー」などの中国輸入書籍を扱っているショップで購入できます。

こちらからどうぞ⇒⇒⇒「中国雑貨アニー」中国語教材

おすすめは……

定番のテキストをピックアップしておきます。

初級

『漢語教程 第1冊』 『漢語教程 第2冊』 『漢語教程 第3冊』 北京語言文化大学出版社

現在もっとも多くの大学で使用されている留学生向けの中国語精読テキストです。

『初級漢語口語セット』 北京大学出版社

会話教材はこれが定番。よくできてますよ。

中級

『中級漢語口語セット』 北京大学出版社

中級会話教材はこれが定番です。初級版と同じく良くできてます。おすすめです。

『中級漢語聴和説』(英、日文注訳) 北京語言文化大学出版社

日本語注訳付きのリスニング・会話一体型教材。これも良くできてます。

上級

『高級漢語口語』 北京大学出版社

私もコレを使用しました。

体験談募集してます!

実際にこの教材を使用したことのある方からの感想を募集します。賞賛・酷評なんでも構いません。率直な意見をお待ちしています。教材には向き不向きがあるので多くの方の意見を集めることでより客観的な評価を下すことができます。貴重な体験談をお待ちいたしております。

体験談の投稿は右下の「投稿する」からお願いします。(注:投稿は管理人確認の後掲載されます。) うまく投稿できない場合はこちらからメールでご投稿ください。

スポンサード リンク


前のページ
国民的中国語教本 ときめきの上海
コンテンツのトップ 次のページ
ピンズラー中国語


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。