饭碗

饭碗

[項目]
  • 饭碗
[発音]
  • fànwǎn
[親字]
[レベル]
 
[タグ]
 
[熟語]

名詞

1.飯茶碗

[中]
盛饭的碗。
[英]
rice bowl
[日]
飯茶碗
[量詞]
;(積み重ねた数)摞

2.(~儿)糊口の道

[中]
比喻职业。
[英]
profession. job
[日]
〈喩〉糊口(ここう)の道.生活のよりどころ.生活の道.生活の種.飯の種.

【参考】公務員や公営企業の職を表す“饭碗”

“饭碗”は生活のよりどころを喩える用法があり、これが転じて職業を指すことができる。“铁饭碗”という表現はその代表で、鉄のご飯茶碗は決して割れないことから、食いはぐれのない職業、特に解雇されることがない公務員や国営企業の職を指すのによく使われた。

経済制度改革が進んだ現在はあまり使われなくなったが、一方で近年ネットを中心とする新語造語ブームのネタとなり、オリンピックのメダルの色に喩えた“饭碗”の格付けが行われている。ここではそれを簡単にまとめる。

金饭碗

元は皇帝が使う茶碗を指す表現で、これを手に入れれば一生衣食に事を欠かないとされたものだが、これが転じて収入や待遇のよい職業を喩える比喩表現となった。新語ではその色から最高級のものとされ、地方公務員に対しての中央国家公務員や、国営企業に対しての公務員をさす。また、税関と銀行を対比して税関職をさすこともある。

[語彙]
金饭碗

银饭碗

「金」に次ぐ格付けから、省・直轄市レベルの上級地方公務員や、公務員に対しての国営企業職員をさす。また、「銀」の文字から銀行員を指すこともある。

铜饭碗

「銀」に次ぐ格付けから、市・県(日本の県とは別物、省・自治区・直轄市の下に位置する)レベルの地方公務員をさす。

铁饭碗

「銅」に次ぐ格付けから、郷・鎮(いずれも県の下位に位置する行政区域)レベルの地方公務員をさす。

[語彙]
铁饭碗

泥饭碗

“铁饭碗”に相対する表現で、泥でできた茶碗から、生計が成り立たないような職業をさす。

[語彙]
泥饭碗

考碗族

金饭碗から铁饭碗までの公職を受験する人のこと。

[詳細]
考碗族(中国語新語研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加