動詞述語文

肯定形

動詞述語文は「主語+動詞」の形になる。

主語動詞和訳
来。彼は来る。
参加。わたしは参加する。

目的語を伴う場合

動詞が目的語を伴う場合,目的語は動詞の後におき,「主語+動詞+目的語」の形になる。

主語動詞目的語和訳
饭。わたしは食事をする。
学习汉语。彼は中国語を勉強する。

一部の動詞は目的語を2つを伴うことができる。この場合「主語+動詞+目的語+目的語」の形になる。通常は「人」+「物」の組み合わせが多い。「誰々に何々をあげる」というパターンがこれに当たる。

主語動詞目的語目的語和訳
汉语。彼はわたしに中国語を教える。
书。わたしは彼に本をあげる。

否定形

否定形は動詞の前に否定副詞“不”もしくは“没”をおく。“不”は未然の出来事及び習慣を、“没”は過去の動作を否定するときに用いる。

主語不/没動詞和訳
来。彼は来ない。
参加。わたしは参加しなかった。

疑問形

疑問形は「“吗”疑問文」「反復疑問文」「選択疑問文」「疑問詞疑問文」の4種類が存在する。疑問形については「疑問文」の項目も参照。

「吗」疑問文

文末に“吗”を付ける。詳細は「吗」疑問文の項目を参照。

主語動詞目的語吗?和訳
吗?彼は来ますか。
学习汉语吗?彼は中国語を勉強しますか。

反復疑問文

「主語+動詞(+目的語)+“不”+動詞(+目的語)」の形をとる。意味は「吗」疑問文に同じ。詳細は反復疑問文の項目を参照。

主語動詞動詞目的語和訳
来?彼は来ますか。
学习学习汉语?彼は中国語を勉強しますか。

選択疑問文

「A“还是”B?」の形をとる。「Aか,それともBか」という意味になる。詳細は選択疑問文の項目を参照。

主語述語还是主語述語和訳
还是来?彼が来ますか,それともあなたが来るんですか。

疑問詞疑問文

事物、人、時間、場所、程度、方法などを尋ねる場合は疑問代詞を用いる。詳細は疑問代詞の項目を参照。

中国語文和訳
谁去?誰が行きますか。
这是什么?これは何ですか。
他什么时候去?彼はいつ行きますか。
这儿是什么地方?ここはどんな場所ですか。
我怎么说?どうやって話せはいいんですか。