項目検索
     

    

受身表現 anchor.png

※注意!:このページのコンテンツは再編して新しい文法辞典へ掲載しています。新しいページはこちらです。

Tag: 兼語文 受身

 介詞“被”“叫”“让”などを用いることで、「(人)に~された」という受身の表現を表すことができる。

Page Top

基本項目 anchor.png

 「A(受け手)+“被/叫/让/给”+B(行為者)+動詞句」の語順を取る。

Page Top

anchor.png

 ※中検3級レベル

 “被”を用いる受身文はもっとも典型的な受動表現で、やや文章語的色彩が強い。

爸爸打了。(わたしは父に殴られた。)
他又经理批评了。(彼はまた部長に叱られた。)
自行车又小偷偷了。(自転車はまた泥棒に盗まれた。)
电脑又儿子弄坏了。(パソコンはまた息子に壊されてしまった。)
我的自行车走了?(誰がわたしの自転車を乗って行ったんだ。)
我的自行车哥哥骑走了。(兄にわたしの自転車を乗って行かれてしまった。)
你的车走了?(誰に車を乗っていかれたんですか。)

 “被”はもともと「(好ましくないこと、不運なことに)遭遇する」という意味であり、主語にとって望ましくないことを述べる場合にのみ使われてきたが、現在の中国語では、単純な受身文を表す場合にも用いる。

公司优秀职工了。(私は勤め先で優秀社員として選出された。)
 
Page Top

行為者の省略 anchor.png

 行為者が不特定多数であったりはっきりしない場合、または明示する必要のない場合、“被”の後に置かれる行為者(B)を省略することができる。

录取了。(彼は採用された。)
 
Page Top

让・叫 anchor.png

 口語では“被”より多用される傾向がある。用法は“被”と同じだが、行為者を省略させることはできない。

我的自行车我妹骑走了。(私の自転車は私の妹に乗って行かれた。)
蛋糕妹妹吃了。(ケーキはまたお姉ちゃんに食べられてしまった。)
我爸了一(私は父にさんざん叱られた。)

 なお、“让”“叫”使役表現においても使用される。使役表現は受身表現と語順を同じくするため、両者の判別は前後の文脈等から行う他なく、非常に混同しやすいので要注意である。

Page Top

anchor.png

 “给”も受身を表す介詞の用法を持つ。これは方言から来たものとされる。

我的衣服大雨湿透了。(私の服は大雨によってびちょびちょになった。)
 
Page Top

受身の意味を持つ動詞 anchor.png

 ”“遭”“受”などの少数の動詞は受身の意味をもっており、上述の受身を表す介詞を用いずとも受身の意味を表すことができる。

我爸骂了。(私はまた父に叱られた。)
昨天回家的路上我了一场大雨。(昨日帰宅の途上で大雨に遭った。)
了惊吓睡不着了。(彼は何らかおびえて眠れなくなった。)
 

Counter: 17202, today: 2, yesterday: 0
最終更新: 2008-07-30 (水) 19:52:58 (JST) (3366d) by xiaoping