単語学習法一覧

まずはじめに、どのような単語学習法があるのか調べていきました。そして中国語を習得した経験に基づき、いろいろ試行錯誤を繰り返していきました。下記に私が調べた単語学習法の中から、主なものを一覧にしました。

1.耳から覚える
近年流行している単語学習法です。テープに外国語と日本語が交互に吹き込まれており、聞いているだけで覚えられることを売りにしています。
2.五感で覚える
古典的な単語学習法です。単語学習書や自作の単語帳等を使用して、単語を発音しながら書き写していきます。この過程で「目・口・耳・手」を使って単語を覚えていきます。
3.辞書丸暗記
先にも言及した、古典的・伝説的単語学習法です。実行するにはヤギの遺伝子が組み込まれている必要があります。
4.語源学習法
欧州系の言語で通用する語源を利用した単語記憶法です。
5.分類学習法
単語を分類して覚える方法です。例えば「動物」とか「生活用品」等と分類します。
6.難易度別学習法
単語を難易度に分けて覚える方法です。受験や資格試験対策関連の書籍によく見受けられます。
7.類義語・関連語学習法
単語を覚える際、その単語の同義語・異義語等も同時に覚える方法です。
8.文脈学習法
文章全体や、上下の文と関連付けて単語を覚える方法です。
9.単語カード利用法
単語カードを利用して覚える方法です。
10.単語学習ソフト利用法
比較的新しい単語学習法です。内容はソフトによって多少違いがありますが、従来の単語学習書ではできなかったことができるようになっているようです。
11.閲読学習法
小説等を読むことで単語力を伸ばす方法です。
12.イラスト利用法
単語にイラストをつける等して、イメージで単語を覚えようとするものです。
13.単語連想記憶法
単語の形や音から連想して単語を覚えようとするものです。例えば、「eye」という単語だったら、両側の「e」を両目としてイメージします。
14.単語語呂合わせ暗記法
鎌倉幕府は「いい国」です。
15.歌を使用した学習法
海外アーティストの曲を使用して単語を覚える方法です。
16.映画・ドラマスクリプト利用法
映画や、海外ドラマを使用して単語を覚える方法です。
17.ゲーム利用法
ゲーム感覚で単語を覚えていく方法です。

ざっと並べてみるだけでもたくさんあるものですが、単独で使用されるものもあれば、いくつか組み合わせて使用されるものもあります。

そして、これらの方法をいろいろ試していく中で、ある発見をしました。

スポンサード リンク


前のページ
中国語語彙学習を語る前に
コンテンツのトップ 次のページ
避けられない記憶の原理