連用修飾「地」

中国語では連用修飾語を“状语”といい,日本語でもそれに倣って「状語」や「状況語」という。状語になるものには副詞時間詞形容詞動詞助動詞、句(フレーズ)などがあるが,一部の語句では,状語として用いる場合,構造助詞“地”を伴う必要があるものもある。以下にその規則をまとめるが,例外も多いので,おおよそのルールとして考えた方がよい。

状語の位置

状语は修飾される述語の前に置く。“地”が必須のもの、使っても使わなくてもよいもの、不要のものの3パターンが存在する。

修飾語被修飾語和訳
耐心(地)等待気を長くして待つ

“地”の適用規則

以下の表は構造助詞“地”の適用規則をおおまかにまとめたものである。

“地”項目例文和訳補足
動詞(句)感动地哭了。彼女は感動して泣いた。
2音節形容詞高兴地笑了。彼女はうれしそうに笑った。常用表現では省略可。
フレーズ非常着急地走了。彼は大慌てで去っていった。介詞・方位フレーズを除く。
不要副詞经常去。わたしはよく行く。2音節副詞は“地”をつけてもよい。
時間詞明天回国。わたしは明日帰国する。
助動詞开车。彼は車を運転できる。
代詞他是那么说的吗?彼はそう言ったんですか。
一部の単音節形容詞咱们走吧。速く行こうよ。
介詞フレーズ给我打电话了。彼はわたしに電話した。
方位フレーズ黑板上老师写了很多字。黒板の上に先生はたくさんの字を書いた。
いずれも可2音節副詞孩子们都非常(地)高兴。子どもたちはみなとても喜んでいる。
2音節形容詞を用いた常用表現认真(地)学习。彼女は真面目に勉強する。
一部の2音節動詞拼命(地)工作。彼はがむしゃらに働く。
形容詞の重ね型你们最好好好(地)聊聊。お前たちは腹を割って話をした方が良い。
数量詞の重ね型吃饭要一口一口(地)吃。食事は一口一口食べなさい。

“地”を使う場合

以下の場合は“地”を用いる。

動詞

動詞(句)が状語になる場合,一般的には“地”が必要になる。一部の2音節動詞は省略可

動詞被修飾語和訳
嘲笑嘲り笑って言う。

2音節形容詞

は一般的には“地”が必要になる。常用表現では省略可

形容詞被修飾語和訳
幽默ユーモラスに言う。

フレーズ

介詞・方位フレーズを除き,フレーズが修飾語となる場合は,一般に“地”を使う。

フレーズ被修飾語和訳
很轻松考上簡単に合格する
又说又笑走了过来しゃべったり笑ったりしながらやってきた

“地”を使わない場合

以下の場合は“地”を使わない。

副詞

副詞は一般に“地”を使わない。ただし,2音節副詞の場合は“地”をつけてもよい。

副詞被修飾語和訳
とても早い

時間詞

時間詞被修飾語和訳
明年毕业来年卒業する

助動詞

助動詞被修飾語和訳
杀菌殺菌できる

代詞

代詞被修飾語和訳
怎么どうしよう

一部の単音節形容詞

”“”“”“”“”“”“”“”などは,そのまま状語になる。

形容詞被修飾語和訳
ゆっくり煮込む
仔細に聞く

介詞フレーズ

介詞フレーズ被修飾語和訳
对你有好处君にとって有益だ

方位フレーズ

方位フレーズ被修飾語和訳
包里有钱包カバンの中に財布がある

“地”を使っても使わなくてもよい場合

以下の場合は“地”を使っても使わなくてもかまわない。

2音節副詞

“地”を付けない場合が多いが,付けることも可能。

副詞被修飾語和訳
非常(地)高兴非常にうれしい

2音節形容詞を用いた常用表現

2音節形容詞は一般的には“地”を用いることが多いが,常用表現では“地”を省略することができる。

形容詞被修飾語和訳
简单(地)了解ざっと理解する
大胆(地)思い切ってやる

一部の2音節動詞

動詞が状語になる場合,普通“地”を必要とするが,一部の2音節動詞は“地”を省略することもできる。

動詞被修飾語和訳
胜利(地)结束勝利のうちに終わる

形容詞の重ね型

形容詞被修飾語和訳
痛痛快快(地)喝酒心ゆくまで酒を飲む
平平安安(地)过日子平穏に暮らす

数量詞の重ね型

数量詞被修飾語和訳
一步一步(地)一歩ずつ歩む