項目検索
     

    

存現文 anchor.png

※注意!:このページのコンテンツは再編して新しい文法辞典へ掲載しています。新しいページはこちらです。

Tag: 存現文 存在

 存現文は事物・事象の存在、出現、消失を表す。存在を表す「存在文」と「出現、消失」を表す「現象文」に大別される。構文としては、日本語訳で「~が」にあたるものが後置され、目的語として動詞の後ろに置かれるところに大きな特徴がある。

Page Top

存在文 anchor.png

 ※中検4/3級レベル

 ある場所・時間に、人や物が存在している様子を表現する。「場所/時間+動詞+着+人/物」の形を取る。

場所/時間動詞人/物 
桌子上(机の上に本が一冊置いてある。)
房间里人。(部屋に二人立っている。)
餐厅里客人(レストランには多くの客がいる。)

 「人」や「物」を構成する成分は、意味的には不特定のものになり、しばしば数量詞を伴う。

 この構文は同じく存在を表す存在の“有”と同じ語順を取る。存在の“有”はただ「ある」という存在を述べているのに対し、存在文では「動詞+着」の形で、その存在の様子をより具体的に表現するところに特徴がある。

床上两个枕头。(ベッドの上に枕が二つある。)
床上摆着两个枕头。(ベッドの上に枕が二つ並んでいる。)
 
Page Top

現象文 anchor.png

 ある場所・時間に、事物・事象が出現したり消失したりする現象を表現する。「場所/時間+動詞(+結果・方向補語)(+了)+人/物」の形を取る。

場所/時間動詞(+結果・方向補語)(+了)人/物 
那边过来一辆公交车。(あちらからバスが来た。)

 この構文も存在文と同じ語順を取り、「人」や「物」を構成する成分も、存在文と同様に意味的に不特定なものを指し、多くの場合数量詞を伴う。動詞の後方には結果補語や方向補語、もしくは“了”を置くことが一般的である。

我们班来了一个新同学。(私たちのクラスに新しいクラスメートが一人やってきた。)※出現を表す
我们班走了一个同学。(私たちのクラスから一人クラスメートが転校していった。)※消失を表す
 

Counter: 11915, today: 2, yesterday: 2
最終更新: 2009-03-16 (月) 22:06:55 (JST) (3139d) by xiaoping