項目検索
     

    

方向補語 anchor.png

※注意!:このページのコンテンツは再編して新しい文法辞典へ掲載しています。新しいページはこちらです。

Tag: 補語 方向

 動詞の直後について、動作のおもむく方向を表す。補語には特定の動詞が使われる。

Page Top

単純方向補語1(来・去) anchor.png

 単純方向補語“来”“去”は、動詞の表す動作を通じて人・物が基準点に近づく(“来”)ことと離れる(“去”)ことを表す。

他今天回来。(彼は今日帰って来る。)
我明天去。(私は明日行く。)
 
Page Top

目的語を伴う場合の語順 anchor.png

 目的語を伴う場合、語順は目的語の性質によって変化する。

Page Top

移動できる人・物 anchor.png

 目的語が移動できる人・物の場合、通常「動詞+目的語+方向補語」の語順をとる。

我明天送钱去。(私は明日お金を届けに行く。)
他今天带朋友来。(彼は今日友達を連れて来る。)

 動作が完了している場合は「動詞+方向補語+目的語」の語順をとることもできる。

他昨天送来了一批货。(彼は昨日荷物を送ってきた。)
Page Top

場所 anchor.png

 目的語が場所の場合は必ず「動詞+目的語+方向補語」の語順をとる。

下个月他回日本去。(来月彼は日本に帰っていく。)
 
Page Top

単純方向補語2(上・下・进・出・回・过・起・到・开) anchor.png

 単純方向補語には“来”“去”の他に“上、下、进、出、回、过、起”などがある。“到”“开”は方向補語とみなす解釈と結果補語とみなす解釈の二通りがある。

方向補語意味方向和訳
上る低い所から高い所へ飞上天空(大空へ飛び立つ)
下る高い所から低い所へ躺下床(床に横になる)
入る外から中へ走进大楼(ビルに入る)
出る中から外へ走出国门(国を出る)
戻る元の場所へ走回宾馆(ホテルへ戻る)
過ぎるある点(時点・地点など)を経過する穿过正门(正門を通り抜ける)
起きる上へ向かう举起杯子(杯を持ち上げる)
至るある場所へ走到公司(会社に着く)
開く・分かれるある点から外へ開く推开门(ドアを開く)
 
Page Top

目的語を伴う場合の語順 anchor.png

 目的語を伴う場合、語順は必ず「動詞+方向補語+目的語」の形をとる。

我跑回家了。(私は走って家に戻っていった。)
他打开窗户。(彼は窓を開ける。)
 
Page Top

運用上の制限 anchor.png

 「動詞+“来去”」以外の単純方向補語は、目的語を伴わないと文として成立できない。

×下班了,工人们都走出了。 
下班了,工人们都走出车间了。(退勤時間になったので、労働者たちはみな作業場から出て行った。)

 なお、複合方向補語にはこの制限は適用されない。

下班了,工人们都走出去了。(退勤時間になったので、工場労働者たちはみな出て行った。)
 
Page Top

複合方向補語 anchor.png

 複合方向補語は単純方向補語1の“来”“去”と単純方向補語2の“上、下、进、出、回、过、起、到、开”を組み合わせて用いる表現である。

 
上来下来进来出来回来过来起来到…来开来
上去下去进去出去回去过去起去到…去开去
 
电梯坏了,咱们走下去吧。(エレベータが壊れたから、歩いて下りましょう。)
 
Page Top

目的語を伴う場合の語順 anchor.png

 
Page Top

移動できる人・物 anchor.png

 目的語が移動できる人・物を表す場合、目的語は“来”“去”の前に置く。

拿出钱来。(金を持って来い。)

 動作が完了している場合、目的語は“来”“去”の前後どちらに置いても可。

他带回一台电脑来了。(彼はコンピューターを一台持って来た。)
他带回来一台电脑了。(同上)
Page Top

場所 anchor.png

 目的語が場所を表す場合、目的語は“来”“去”の前に置く。

蚊子飞进屋来了。(蚊が部屋に入ってきた。)
他飞回日本去了。(彼は日本へ飛んで帰っていった。)
他跑回家去了。(彼は自宅に帰って行った。)
Page Top

方向補語の派生義用法 anchor.png

 方向補語には、空間的な移動の方向を表す用法のほかに、その意味から派生した、より抽象的な意味を表す用法がある。

说下去(話し続ける)
笑起来(笑いだす)
明白过来(分かってくる)
看出问题来(問題を見出す)
 

Counter: 22304, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2008-07-11 (金) 11:34:06 (JST) (3323d) by xiaoping