項目検索
     

    

結果補語 anchor.png

※注意!:このページのコンテンツは再編して新しい文法辞典へ掲載しています。新しいページはこちらです。

Tag: 補語 結果

 動詞の直後について、動作の結果を表す。補語には動詞や形容詞が使われる。

Page Top

基本項目 anchor.png

 結果補語は、動詞の直後について「動詞+結果補語」のフレーズを構成するので、厳密に言えば動補句となるのだが、実際には動詞と補語が一体化して広義の複合動詞として機能するため、そのまま動補句全体で目的語やアスペクト助詞を伴って用いることができる。特に結果を表すという性質上、完了のアスペクト助詞“了”を伴って用いられることが多い。※中検4/3級レベル

录取通知书。(私は合格通知書を受け取った。)
人到了,开始吃吧。(みんな揃ったから、食事にしましょう。)
 
Page Top

否定形 anchor.png

 結果補語は結果を表す表現なので、否定には副詞“没(有)”が用いられるのが普通である。“了”を伴っている場合、アスペクト助詞“了”は外れる。

游泳(彼はまだ水泳を覚えていない。)

 ただし、“没(有)”は結果補語が表すところの結果の実現を否定しているので、動作自体を否定している分けではない。動作自体を否定する形も存在するが、これは条件を表す場合に用いられる限定的な用法である。

你不带走,我拿走了。(あなたが持っていかないのなら、私がもらっていく。)
 
Page Top

結果補語の意義と特徴 anchor.png

 結果補語は次のような意義と特徴を持っている。

Page Top

結果の明示 anchor.png

 中国語の動詞は動作や行為のみを表し、その動作行為の結果の意味を含まないものが多い。

 例えば、日本語の「買う」には、買った結果として手に入れたという意味まで包含するが、中国語の“买了”は買うという動作を意味するだけで、その結果手に入れたかどうかははっきりしない。購入して入手したことを明確にしたい場合は、“买到了”というように結果補語“到”を動詞につけることで、購入して入手したことを明確にする必要がある。

Page Top

意味上の重点 anchor.png

 「動詞+結果補語」から構成する動補句では、往々にして結果補語に重点があることが多い。例えば、“吃饱了”(食べて腹いっぱいになった)は、“饱”に重点があり、“吃”はあってもなくても文として成立し、文意もほとんど変わりない。

我吃饱了。(私は腹いっぱいになった。)
我饱了。(同上)

 一方、結果補語を省略すると、文意が大きく変わる。

我吃了。(私は食べた。)

 上記の例からもわかるように、日本語では結果補語だけで済ますケースが多く、和訳の場合も動作行為の部分は省略してしまった方が自然な訳になることが多い。

Page Top

動詞+ anchor.png

 「動詞+“在”+場所」の形で、動作の結果としてあるものがその場所に存在することを表す。この構文は二通りの解釈が可能で、「“在”+場所」を介詞句補語とする解釈と、“在”を結果補語として「動詞+“在”」で動補句とみなし、それに場所が目的語として付随するとみなす解釈がある。

躺在床上看电视。(ベッドに寝転んでテレビを見る。)

Counter: 23889, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2008-07-04 (金) 15:24:20 (JST) (3330d) by xiaoping