中国語リスニングにおける多聴学習の問題点とその対策

多聴を行うにあたって最大の壁となるのが長期間にわたって「継続」することの難しさです。

聴き取れるならまだしも、聴き取れないものを何時間も聴き続けるのは普通の人にとっては苦痛以外の何物でもありません。中国語で挫折する人が多い原因の一つはここにあります。

逆に言えばこれを乗り越えることさえできればで挫折する可能性は大幅に減少するわけです。

ということで、まずは多聴学習に伴う苦痛を最小限に抑える方法について考えてみます。

如何に継続するか

多聴においてポイントとなるのが「継続」にあり、それを困難にしているものが「聴き取れない」ことにあるならば、少しでも聴き取りやすい状況をつくりだせるのならば継続できる可能性が高くなるのではないでしょうか。

まずは聴き取れない原因を挙げていきます。それから順次対策を考えていきたいと思います。

  1. 発音が難しい
  2. 単語を知らない
  3. 速度が速い
  4. 集中力が続かない

まだあるかもしれません。とりあえず今思いついた限りでは上記のようなものでしょうか。まずはこれらに対して対策を考えてみましょう。

発音が難しい

既に『中国語の発音と四声』でも紹介した話ですが、日本語の発音構造と中国語のそれには大きな違いがあります。正しい中国語の発音を習得していない段階で多聴を行なっても終始聴き取れないまま終わってしまいます。多聴を始める前に正しい発音を学習しておいてください。

単語を知らない

なるべく簡単なものを使用してみてはどうでしょうか。いきなり映画等を聴き取ろうとするのではなく、子供向けの番組や教材を使うことをおすすめします。このような教材ならば使用される語彙は限られてきます。

発音のせいで聴き取れないということはあっても、語彙力が乏しいから聴き取れないということはなくなると思います。

速度が速い

速度が速く聞こえるのはリスニング力が低いためです。これからリスニング力をつけていくのですから早く聞こえるのは当然です。

リスニング力の上昇につれて速度は気にならなくなりますが、一つ注意しておくことがあります。

どれだけ勉強してもリスニングの速度が速く感じられる方は頭の中で日本語訳をしている傾向があります。外国語を学ぶ際どうしても訳さないと気がすまないのが日本人の悲しい性なのですが、訳して理解している限り速度にはついていけません。

この状態から脱却するには日本語訳癖を直す必要があります。一見難しく感じられるかもしれませんが、コツをつかめばすぐに直ります。

この件については中国語脳で詳述していますので、別途ご参照ください。

集中力が続かない

たとえリスニング力が高くても、1時間も2時間も聴き続けることはやはり容易なことではありません。いわんや、ほとんど聴き取れない状況でも何時間も聴き続けることができること自体がほとんど一種の特殊技能です。

しかし、これを克服しなければリスニング力の向上は望めない以上、なんとかしなければいけません。

集中力の問題は中国語学習効果そのものにもかかわる問題なので事は重大です。この項目の対策については具体的な方法論と共に考えていきたいと思います。

継続する時間を短くする

まとめて何時間もやるのではなく、10分なり20分なりと時間を区切って分散する方法があります。例えば、10分リスニングをしたら風呂に入るとか、20分聴いたら夕食にするとかです。

また、はじめから時間を指定しておくという手もあります。例えば10:00から10:30まではリスニングの時間と決めておき、習慣化するというものです。

このようにすると勉強にメリハリが出てくるので、時間当たりの学習効果が向上するという利点もあります。

リスニングしかできないような環境を利用する、もしくは作る

自分の部屋で勉強する場合、周囲には誘惑がたくさんあります。TV、インターネット、マンガ等々…。ふと集中力が切れたとき、なんとなくつけたTVに見入ってしまうことは誰でもよくあることです。

学習のためにはこれらの誘惑を断ち切る必要があるのですが、断ち切る方法は何も我慢するだけではありません。これら誘惑のない世界で勉強すれば、誘惑に負ける心配なんていらなくなります。

例えば、サラリーマンなら通勤電車の中でテープを聴くことができます。通勤電車の中ではできることが限られていますので、かえって集中できるものです。

また、営業で外回りをされている方は移動中の時間を利用することができます。(※注:車で回られる方は運転に注意してください)

通勤や営業で車を使用されている方は赤信号集中法が効果的です。文字どおり赤信号などで止まっている間集中してリスニングをします。止まっている時間は長くても2分程度なので、集中力が途切れる心配はいりません。

おまけに普段はいらいらしい赤信号も待ち遠しい勉強の場となり、まさに一石二鳥です。

また、主婦の場合家事をやりながら聴くことができます。とにかく耳さえ空いていればいいのですから。

これらのような既存の状況を利用する以外に、人工的にこのような時間を作ることもできます。例えば、リスニングに必要なものだけを持って公園に行くのも効果的です。

じっとしているのが落ち着かない方は散歩や軽いジョギングをしながら聴くのもいいと思います。

外に出たくなければトイレに籠るのもいいかもしれません。家族から苦情を受けるような場合は部屋で柔軟体操をしながらでもいいと思います。まだまだあると思います。いろいろ考えてみてください。

興味のある分野についての素材を利用する

何の興味もない分野について聴いていても何も面白くありません。日本語で考えてみてください。聞く気になりますか?

いわんや、中国語で聞くなんて退屈以外の何物でもありません。こんな状況で何時間も集中して聴き続けるなんてほとんど拷問です。

逆に言えば、自分の興味のある分野については人は自ずと耳を傾けます。おまけに興味のある分野については予備知識が豊富なのでより聴き取りやすくなります。

聴き取れるようになるとリスニングが楽しくなってきますので、長時間でも続けることができるようになります。

おすすめはスカイパーフェクTVで視聴できる中国語放送です。私も日本国内にいたときはスカイパーフェクTVを視聴していました。基本的には在日中国人向けのサービスという位置づけなのですが、もちろん中国語学習にも大いに利用できます。

ニュース・報道が中心のチャンネルから娯楽中心のチャンネルまで内容は多種多様です。もちろんチャンネルは好みに応じて選択できます。

一昔前は高額な海外ラジオ放送受信機で音質の悪い中国語ラジオニュースを聴くしかなかったことを考えると、中国のテレビを日本でそのまま視聴できるなんて本当に隔世の感があります。

これはまさに21世紀の中国語学習者の特権です。中国語学習に取り組んでいる方は是非利用してください。

『Sky Perfec TV』の詳細はこちら

話は戻りますが、リスニング力が低い場合、これら映像付きの素材を利用することは大変有効です。目からの情報によってある程度状況や内容を確認できますので、より聴き取りやすくなります。

リスニングは目に頼ってはいけないと強調される方もいますが、「多聴」を行う場合は耳のみで聞きとることに過度にこだわらなくてもいいと私は考えています。

スポンサード リンク


前のページ
中国語リピーティング
コンテンツのトップ 次のページ
中国語多聴学習のための映画・ドラマ活用法