副詞

僅差を表す副詞「差点儿」「险些」「险乎」

「もう少しで」「もうちょっとで」「危うく」「すんでのところで」などの意で,ある事態が少しの差で起きるか,あるいは起きないかを表す副詞“差点儿”“险些”“险乎”の文法解説。

幸運を表す副詞「幸亏」「幸好」「幸喜」「幸而」「多亏」「好在」

「幸いなことに」「幸いにも」「運よく」「都合よく」「いいあんばいに」「…のおかげで」などの意で,偶然有利な条件があり,それにより不幸な結果を免れることを表す副詞“幸亏”“幸好”“幸喜”“幸而”“多亏”“好在”の文法解説。

偶々を表す副詞「刚好」「恰好」「恰巧」「恰恰」「正好」「正巧」「凑巧」「可巧」「偏巧」「偏偏」「偏」

「ちょうどよく」「うまい具合に」「折よく」「運よく」「都合よく」「折しも」「まさしく」「あいにく」「折も折」「折悪しく」「都合悪く」などの意で,時間・機会・条件などが偶然一致することを表す副詞“刚好”“恰好”“恰巧”“恰恰”“正好”“正巧”“凑巧”“可巧”“偏巧”“偏偏”“偏”の文法解説。

丁度を表す副詞「刚」「刚刚」「刚好」「恰好」「恰恰」「正好」

「ちょうど」「ぴったり」「かっきり」「都合よく」「やっと」「どうにか」「辛うじて」などの意で,過不足のないことやある程度に達していることを表す副詞“刚”“刚刚”“刚好”“恰好”“恰恰”“正好”の文法解説。

未来「再」

ある動作が未来のある状況のもとで発生することを表す副詞“再”の文法解説。

累加「既」

「…の上に…だ」「…でもあれば…でもある」「…し,かつ…もする」の意で,2つの性質や状況が同時に存在することを表す副詞“既”の文法解説。

前提「才」

「…してこそ,はじめて…」の意で,ある条件・状況・原因・目的などを前提として初めて起こりうる結果・結論を導く副詞“才”の文法解説。

結論を表す副詞「就」「便」

「それで」「そうすれば」などの意で条件・因果・仮定などを表す複文の後節に用い,結論を導く副詞”就”“便”の文法解説。

推量・推測を表す副詞「也许」「或许」「容许」「兴许」「许」「或者」「可能」「恐怕」「怕」「大概」「大约」

「あるいは」「もしかすると」「おそらく」「たぶん」「…かもしれない」「もしかしたら…かもしれない」「あるいは…かもしれない」「…らしい」「おおかた」などの意で推量や推測を表す副詞“也许”“或许”“容许”“兴许”“许”“或者”“可能”“恐怕”“怕”“大概”“大约”“直”“未曾”“不曾”の文法解説。

必要・義務を表す副詞「必」「必须」「必得」

「…する必要がある」「必ず…しなければならない」「必ず…ねばならない」などの意で必要・義務を表す副詞“必”“必须”“必得”の文法解説。